保湿効果が高いクレンジングとメイク落としの比較

メイク落としには合成界面活性剤が必要不可欠ですが、洗浄力が強いと皮膚に負担が生じる可能性があります。

乾燥肌のクレンジングの補足説明を致します。

保湿効果の高い植物オイルやハーブエキスを配合していれば、保湿しながら汚れを落とす事も可能です。

今話題のT-SITEの情報が更新されています。

乾燥肌の方には適したクレンジング剤となりますから、使用する前に成分には気をつけるべきです。



植物油ではココナッツオイルやホホバオイルがクレンジング剤に添加されていると、保湿作用が付加します。

水や合成界面活性剤、ミネラルオイルのみで作り上げたメイク落としは洗浄力がありますが、肌に必要な潤いまで奪ってしまいますから、ハードメイクを除去する場合や濃いファンデーションを使用している時は潤いは重視すべきです。


ハーブエキスでは、ローズマリーやオリーブリーフ、ラベンダーが皮膚に潤いを与えながら皮膚を殺菌していきます。

比較的、使いやすくてクレンジング剤には配合しやすいポピュラーなハーブとなります。
抗炎症作用があり、炎症や腫れを鎮める力がありますから、仮に洗浄した際に刺激がともなっても、ハーブエキスがカバーしてくれます。メイク落としは比較的に洗浄力が強く、ファンデーションといった、洗顔では落ちない物質を除去する為に用いる物です。


しかし、保湿成分や植物エキスを加える事によって、デメリットをなるべく抑える化粧品が出回る様になっています。

消費者は常に比較して化粧品を使用していますから、理想的なアイテムは潤しながらメイクオフする事です。